ABOUT

norbu(ノルブ)について

日常をかえる。暮らしの手織。

ラグの使い方は自由で楽しい。

座る、寝ころぶ、肌でふれる。
モノや家具、床や壁、ときには数枚のラグとコーディネート。
自由に持ち運び、思い思いの場所で楽しむ、暮らしの道具。
使い込み、手入れをして、変化する佇まい。

身体をあずけるための道具として生まれたチベットの絨毯だからこそ、
楽しみの幅が広がる、ちょうど良い大きさとウールの心地よさ。

使い方を変えることで、日常をかえる。
手織の楽しみ方を提供します。

チベット結び | hand-woven rugs

norbuのラグは、「チベット結び」という特有の伝統技法を用いて製作しています。

チベット絨毯は、標高も高く自然条件の厳しい土地柄生まれた「暮らしの道具」です。

この暮らしの道具は、現地では暖をとり身体を預けるために使われてきました。

基本のサイズは「カデン」と呼ばれる敷布団としてのラグで、畳とほぼ同じ大きさ。昼間はソファとしても使われています。他には「マッウオ」「マデン」と呼ばれる、馬の鞍掛けや、僧侶用の座布団として使われる「カガマ」、柱の装飾用の「カトウン」など、敷物の垣根を超えた使われ方をしているのが特徴です。

多様な用途で使う必要があったため「チベット結び」という技法が生まれ、他の地域にはない表情の、しなやかでほど良い厚みのあるラグを作ることができます。

吉祥文様 | monyou

ラグのデザインは、昔から織り続けているものや、アンティークラグから復刻させたりなど、その土地に根付いた吉祥文様で製作しています。

チベットの絨毯は、さまざまな場所で愛され使用されていた日用づかいのラグのため、虎や龍などチベット文化特有の柄から、シンプルな幾何学文様まで、幅広いデザインがあります。長い歴史の中で洗練されてきた伝統柄は、意味合いが込められ思いのこもった表情を見せてくれます。

普遍的な柄であるからこそ今見てもレトロにもモダンにも感じさせてくれ、時代や流行にとらわれず、いつまでも楽しめるアイテムだと考えています。このような文様を途切れさせることの無いよう、織りや柄を研究して、私たちのエッセンスを加えながら、長く愛されるラグ作りを目指しています。

ラグの大きさ | size

norbuは、一畳(約90×180cm)サイズをベースに、日本の暮らしに合わせたラグの使い方を提案しています。

現地の基本サイズであり、日本でも馴染み深いこのサイズは、一人でも持ち運びがしやすいため「お手入れ・レイアウト替え・コーディネートの多様性」が広がり、四季があり高温多湿な日本にとって扱いやすく、長く楽しめるサイズ感です。

敷き込むカーペットとしての使い方ではなく、長座布団やインテリアアイテムのように必要があれば使う枚数を増やし、心地よいスペースを広げる感覚で、日常に彩りを与える「暮らしの道具」としてお使いください。

チベットウール | tibetan wool

ラグの素材は、チベット高原で育った羊の羊毛(チベットウール)を使用しています。 

チベット高原は、平均標高4000m の厳しい地域で、世界の屋根と呼ばれるチョモランマ(エベレスト)のそびえるヒマラヤ山脈や、水平線が見えるほど大きいナムツォ湖などチベット独特の景色が広がっています。空の表情もさまざまで、晴れの時は青空がどこまでも突き抜けて見え、局地的に雨が降っている場所を直接目で確認できるなど、一日を通して天候や気温の変化が激しい環境です。

広大で厳しい自然環境の中で育まれた羊の毛は、油分が豊富で、繊維が強く丈夫なため、汚れにくく、肌触りが良いので一年を通して心地よく使用できます。ウールの質もラグを作る上で大切な要素の一つです。